企業価値

企業分析

アルテリア・ネットワークス/メガキャリア3社との違い

個人投資家に人気のアルテリア・ネットワークを取り上げます。自前の光ファイバー網を有している点が強みであることはわかるけど、メガキャリ3社との違いはなんだ、3社と競争して勝てるのか?と疑問に持つ人は多いでしょう。そのあたりを調べたいと思います。
企業分析

良品計画/株価下落の理由は、これまで無印が大事にしてきた価値観が世の中の当たり前になったこと

良品計画の株価下落の原因を考えます。自然への配慮や調和といったこれまで同社が大事にしていた価値観が、世の中のサステナビリティを重視する流れから、差別化要因を失い、その結果、ブランド価値が相対的に低下し、株価が下落しているのではないかといった仮説です。
企業分析

シマノ/株価は売られすぎ感あるものの今後のシナリオ次第、、

自転車部品メーカーであるシマノの株価が売られています。欧州でのサイクリング需要増等のブームが一過性か否かで企業価値の計算結果が大きく変わってきます。いくつか試算した結果をブログに残します。
経理/会計

PERへの理解を深める

PERが低い銘柄は割安か?PERは15倍が目安と言われるがその根拠は何か、そのあたりについて、ファイナンスの基礎知識もからめながら的止めていきたいと思います。
ニュース_ピックアップ

エネオスのJRE 2,000億円買収に経理屋が思うこと

エネオスによるJRE買収。事業変革が求められる企業の第一歩だが、金額は少々お高めで、再生可能エネルギーは事業のリスクもかなりお高めではないかという想像。経理屋目線ではのれんの減損がいつかが気になるところ。
企業分析

ナカニシ/歯科用機器グローバルトップ級企業

歯科用機器というニッチ領域でのグローバルトップ企業のナカニシに関する分析記事です。
企業分析

オムロン/粗利を使った管理部門の現場とのコミュニケーションの大切さ

2021/4/27、オムロンの2021年3月期決算が発表されました。オムロンは企業価値を重視したROIC経営で有名ですが、立ち返って同社の決算説明資料を見ると、一企業の経理担当者としても管理部門の果たすべき役割の大きさを実感します。
企業分析

コメダ珈琲/のれんの評価から企業価値がわかる

コメダHDのバランスシートには多額ののれんが計上されています。のれんの注記から経営者が考える自社の企業価値がわかるのではないか、要するに今の株価が企業本来の価値と比べて割安なのか割高なのかがわかるのではないか。そんな内容についてまとめます。
経理/会計

固定資産の減損会計 ~減損⇒V字回復の幻想~

減損とは将来の収益性の低下、すなわち将来のキャッシュ・フローの獲得ができなくなる(見通し引き下げ)ということで、将来キャッシュ・フローの割引現在価値で求められる企業価値も下がる。よって減損は将来にネガティブだという当たり前の結論です。
経理/会計

固定資産の減価償却~企業の収益性の判定時の注意点~

投資家が企業価値に目を向け始めた近年、キャッシュフローが重要性が叫ばれています。そして減価償却はキャッシュフローを考えるうえでも大事な存在です。減価償却の仕組みを簡単に解説し、企業の決算書を分析する人向けに、その企業の収益性を検討するうえで大事になる減価償却費のポイントを解説します。
タイトルとURLをコピーしました