ニュース_ピックアップ

ニュース_ピックアップ

エネオスのJRE 2,000億円買収に経理屋が思うこと

エネオスによるJRE買収。事業変革が求められる企業の第一歩だが、金額は少々お高めで、再生可能エネルギーは事業のリスクもかなりお高めではないかという想像。経理屋目線ではのれんの減損がいつかが気になるところ。
ニュース_ピックアップ

セコム上信越/セコムによるTOB 親子上場解消へ

セコム上信越は親子上場解消狙いで、1年弱ウォッチリストに入れたまま、様子を伺っていましたが、ついに本日親会社のセコムによるTOBが発表されました。
ニュース_ピックアップ

AI inside/AIもOCRもただのツール、顧客のどんな課題を解決するか

株式市場での2020年の大化け株といえばAI inside社でしょう。2020年は業績も大きく伸び、株価も爆上げでした。そのAI insideが2021/4/28に大口取引先を失うというプレスリリースを発表しました。
ニュース_ピックアップ

コーナン商事/ニトリに影響受けまくりの新中期経営計画

2021/4/12、コーナン商事の2021年2月期決算が発表され、同時に新しい中期経営計画が発表されました。
ニュース_ピックアップ

イオン/2021年2月期決算&新中計/総花的な内容は親子上場の弊害か

イオンの2021/2期決算が発表されました。同時に2021年度~2015年度までの中期経営計画も発表されています。決算の方は12年ぶりの最終赤字(△710億円)ということでしたが、本日は中計の方をチラ見した感想を残しておきたいと思います。
ニュース_ピックアップ

ディップ/投資有価証券売却損の特損57億円のツッコミどころ

2021/4/7の株式会社ディップの決算短信が面白かったので紹介します。同社は「バイトル」等の求人情報サイト運営会社です。何に注目したかというと、売上320億円強の規模の会社が有価証券に約100億円投資し1年で57億円も損したということです。
ニュース_ピックアップ

日立グループ/過去5年の事業再編まとめ

2021/3/31、日立はデジタルエンジニアリング大手の米国GlobalLogic社を買収すると発表。日立の事業選別が進んでます。GlobalLogic社の買収のネタではないのですが、関連して、直近の日立の事業選別の履歴をまとめました。
ニュース_ピックアップ

野村HD/巨額損失と株価の関係性について

2021/3/29に野村HDが、米国子会社での顧客との取引から多額の損失が発生する可能性がある旨のプレスリリースを発表しました。直観でちょっと株価が売られすぎな気もしており、経理の視点やIRの視点から、今後の本件の動向を占ってみました。
ニュース_ピックアップ

出前館/投資したシステムを即減損!今どき企業は制度会計で測れない

本日2021/3/26、出前館が2021/08Q2決算を発表しました。それと同時に約10億円の減損損失の計上を発表しまいたが、これが、これまであまり見ない減損なので記事にしたいと思います。
ニュース_ピックアップ

三井倉庫HD/政策保有株式の売却の会計処理(日本基準・IFRS)

政策保有株の売却はここ数年のトレンドですが、ここ数カ月の株高もあって、3月末にかけて売却する企業が増えそうです。政策株の売却に絡むプレスリリースの中から三井倉庫の事例をキャッシュフローの観点とPLの観点の双方から、取り上げたいと思います。
タイトルとURLをコピーしました